Eimei AntiSpam の移行

ノーマル仕様でインストールされた Eimei AntiSpam を
別のパソコンに移行する手順は以下の通りです。

以下は移行元のパソコンで実施する作業です。

  1. Eimei AntiSpam の [基本設定→管理用パスワード] を解除する
    ※必須ではありませんが、設定したままだと移行先で
     管理用パスワードの入力を要求されることがあります。

  2. Eimei AntiSpam および Eimei AntiSpam Server の自動起動を解除する
  3. Eimei AntiSpam および Eimei AntiSpam Server を終了する
    ※Eimei AntiSpam および Eimei AntiSpam Server を
     通常のアプリケーションとして運用している場合、
     各ソフトの [基本設定→スタートアップに登録する] を解除します。
     Windows のサービスとして運用している場合、
     Eimei AntiSpam Service Utility で
     各ソフトのサービスを停止、削除します。

  4. 以下のフォルダを丸ごと、USBメモリ等にコピーする
    (A) Eimei AntiSpam のインストール先フォルダ
    (B) Eimei AntiSpam のユーザーフォルダ
    (C) Eimei AntiSpam の共有フォルダ

    ※(B)(C) フォルダは {inst}\easconf.ini の編集によって
     各フォルダの配置を既定から変更しているときに必要です。
     既定 (未編集) の場合、(B)(C) は (A) フォルダに含まれます。
    ※記録媒体に CD-R など書き換え不可のメディアを使用した場合、
     移行先で読み取り専用属性の解除が必要となる可能性があります。
     属性変更に関する知識がない場合、USBメモリの利用を推奨します。

以下は移行先のパソコンで実施する作業です。

  1. (A)(B)(C) フォルダを移行先のパソコンの内蔵ディスクにコピーする
    ※UAC が有効な環境および制限ユーザーで利用する場合、
     書き込みが制限されるフォルダにはコピーしないで下さい。
     UAC が無効でも、[Program Files] などは回避が無難です。
     また、外付けHDDもコピー先として不適切です。

  2. (B)(C) フォルダの配置が移行元とは異なる場合、
    移行先の {inst}\easconf.ini の内容を修正する
  3. 最新版の Eimei AntiSpam を入手、
    移行先の (A) フォルダに上書きでインストールする
    (インストール時に (A) フォルダを選択する)
  4. SSL/TLS を使用している場合、最新版の stunnel を入手、
    移行先のパソコンにインストールする
  5. ルールにOS標準以外のスクリプト言語を使用している場合、
    当該言語を移行先のパソコンにインストールする
  6. Eimei AntiSpam および Eimei AntiSpam Server を起動、
    各種データや設定が正常に引き継がれているか確認する
    ※自動起動に関する設定は引き継がれません。(再設定が必要)
    ※移行後に通信関係のトラブルが発生した場合、
     パーソナルファイアーウォールの設定を確認して下さい。
     (easpamc.exe、easpams.exe、tstunnel.exe の通信の可否)

上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei