常駐アイコン

常駐アイコンとは通知領域に登録されるアイコンです。
右クリックで以下のポップアップメニューが表示されます。

  • リモートメール
    リモートメール画面を表示する
  • メイン画面
    Eimei AntiSpam のメイン画面を表示する
  • オプション
    Eimei AntiSpam のオプション画面を表示する
  • アカウント
    Eimei AntiSpam のアカウント画面を表示する
  • 最新の許可履歴
    最新の許可履歴 (0〜50件) を表示する
  • 最新の禁止履歴
    最新の禁止履歴 (0〜50件) を表示する
  • 最新の巡回情報
    最新の巡回情報 (アカウント毎の巡回日時、成否) を表示する
  • 手動巡回の実行
    手動巡回を実行する
  • Eimei AntiSpam の制御
    • 自動巡回
      自動巡回の ON-OFF を切り替える
    • 着信制限
      着信制限の ON-OFF を切り替える
    • 新着転送
      新着転送の ON-OFF を切り替える
    • 操作制限
      操作制限の ON-OFF を切り替える

  • Eimei AntiSpam の情報
    • ヘルプ
      Eimei AntiSpam ヘルプを表示する
    • HTML版 ヘルプ
      Eimei AntiSpam ヘルプ (HTML版) を表示する
    • バージョン情報
      Eimei AntiSpam のバージョン情報を表示する
    • exe / dll のバージョン情報
      exe / dll (同梱、機能の強化) のバージョン情報を表示する
    • 各種ウィンドウの表示位置の初期化
      Eimei AntiSpam のメイン画面、内蔵ビューア、
      フィルタおよびテンプレートの編集画面、
      リモートメール画面の原点座標を (0, 0) に設定する
    • 着信窓のホームポジションの初期化
      着信窓のホームポジションを初期位置に設定する
      (初期位置はメインディスプレイの右上付近)
  • Eimei AntiSpam の終了
    Eimei AntiSpam を終了または再起動する

(点滅、点灯) は着信中 (着信メールの存在) を表します。

※着信中は常駐アイコンのツールチップの末尾 (最終巡回日時の右側) に
 着信件数 (累積) が [値] のように表示されます。
 ・例) Last checked at 2016/12/10 23:18 [5] … 着信 5 件

は自動巡回が停止中または抑制中であることを表します。

※自動巡回の停止 (抑制) の理由は常駐アイコンの
 ツールチップの末尾に表示される以下の符号で確認できます。
 ・#0 … [オプション→基本設定→自動巡回の間隔] が 0 のとき
 ・#1 … [Eimei AntiSpam の制御→自動巡回] が OFF のとき
 ・#2 … [Eimei AntiSpam の制御→操作制限] が ON のとき
 ・#3 … スクリーンセーバーが実行中のとき
 ・#4 … フルスクリーンアプリケーションが実行中のとき
 ・#5 … 自動巡回を抑制する時間帯に該当するとき
 ・#6 … 自動巡回を抑制するプロセスが実行中のとき
 ・#7 … 自動巡回を抑制するウィンドウがフォアグランドのとき
 ・#8 … ダイヤルアップ環境でインターネットに接続されていないとき
 ・#9 … Eimei AntiSpam Server (HTTP) 経由の遠隔操作で
     自動巡回が抑制されているとき
 ・例) Last checked at 2016/12/10 23:18 #1 … [自動巡回] OFF

() は通信エラーの発生 (検査が未完の状態) を表します。
アカウント毎の巡回の成否は [最新の巡回情報] で確認して下さい。

※通信エラーの発生中に巡回先から直接メールを受信した場合、
 未検査のメールを受信してしまう恐れがあります。
 ローカルメールボックス (LMB) を利用していないときは要注意です。
※時間の経過で自然に解消するような、一時的 (軽微) な
 通信エラーの発生は珍しいことではありません。
 通信エラーが発生したとき、慌てて本ソフトの設定を弄ったり、
 経過観察なしで闇雲にサポートを求めることはお控え下さい。

※数時間経っても状況が改善されない場合、まず最初に
 サービス事業者 (プロバイダー等) の公式サイトにトラブル、
 メンテナンス、仕様変更のお知らせなどが掲載されていないか、
 または事前にメールでお知らせが届いていないかを確認します。
 情報が得られず、手詰まりの場合、Support BBS で相談して下さい。
 このとき、通信エラー発生中の Eimei AntiSpam ログ
 (EASC-GLB.LOG、EASC-nnn.LOG の当該時間帯の記録) や
 サービス事業者の名称などが重要な手掛かりとなります。

ポップアップメニューの [最新の許可履歴]、[最新の禁止履歴] の
行頭に表示される目印の意味は以下の通りです。

目印 意味
最新バージョンの情報、禁止メールのレポート
内部フィルタ、学習型フィルタ、
ウイルススキャナで分類できなかったメール
着信メール

※表示の優先優位は です。


  1. 巡回中の常駐アイコン (ゲージ表示) を右クリックすると、
    [Eimei AntiSpam 巡回中断] メニューが表示され、
    選択すると切りの良いところで巡回が中断されます。
  2. [メイン画面] 選択時に [Shift] キーが押されていると、
    メイン画面が着信仕様で表示されます。
  3. [最新の許可履歴] および [最新の禁止履歴] でメッセージを
    選択するとき、[Ctrl] + [Shift] キーが押されていると、
    対象メッセージのメールデータ (*.eml) が拡張子 .eml に
    関連付けられたプログラムで表示されます。
    [Ctrl] キーが押されていると、対象メッセージの
    テキストパートがブラウザで表示されます。
    [Shift] キーが押されていると、テキストエディタで表示されます。
    どちらのキーも押されていない場合、内蔵ビューアで表示されます。
    テキストエディタが標準のメールビューアに設定されている場合、
    [Shift] キーが押されているときの動作は逆になります。
  4. 常駐アイコンの右クリック時に [Shift] キーが押されていると、
    [最新の履歴として取り扱う期間] の設定値に関わらず、
    [最新の許可履歴] および [最新の禁止履歴] には
    指定件数内で間近のメッセージが表示されます。
  5. [手動巡回の実行] 選択時に [Shift] キーが押されていると、
    巡回先のアカウントの選択画面が表示されます。(個別巡回)
    押されていない場合、全アカウントの巡回が実行されます。
  6. アカウント別の手動巡回 (個別巡回) を実行するとき、
    前回の巡回中に発生した巡回中断や異常終了 (強制終了) の
    原因となった可能性のあるメールを検査対象から除外できます。
    (個別巡回の開始直前に確認メッセージが表示される)
  7. [着信制限] が ON の場合、自動巡回中の着信時のアクション
    (着信窓、Scroll Lock LED、着信仕様のメイン画面、
    サウンド再生、プログラム実行、SSTP、他) が無効となります。
    常駐アイコンの表示のみ、[着信設定] の設定内容に従います。
  8. [Eimei AntiSpam の終了] 選択時に [Shift] キーが
    押されていると、確認なしで直ちに終了が実行されます。
  9. [Eimei AntiSpam の終了] 選択時に [Ctrl] キーが
    押されていると、確認なしで直ちに再起動が実行されます。
上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei