• 学習型フィルタ
    • 学習型フィルタでチェック
      対象メッセージを学習型フィルタで検査する
    • clean 学習
      対象メッセージを clean 学習する
    • clean 学習 (重複学習可)
      対象メッセージを clean 学習する (重複学習可)
    • spam 学習
      対象メッセージを spam 学習する
    • spam 学習 (重複学習可)
      対象メッセージを spam 学習する (重複学習可)
    • 学習データの情報
      学習データの情報 (学習件数等) を表示する
      (情報表示の [削除] ボタンで学習データの削除が可能)
    • SylFilter (0.8 以降) の導入
      SylFilter をインストールする
    • 学習型フィルタによる巡回中の検査を停止
      学習型フィルタによる巡回中の検査の有無を切り替える

  • ウイルススキャナ
    • ウイルススキャナでチェック
      対象メッセージをウイルススキャナで検査する
    • 擬似ウイルスによる動作確認
      eicar.com を使ってウイルススキャナの動作を確認する
    • ClamAV for Win32 オプション
      ClamAV for Win32 のオプションを設定する
    • ClamAV for Win32 ログ
      ClamAV for Win32 ログを表示する
    • ClamAV for Win32 (0.99 以降) の導入
      ClamAV for Win32 をインストールする
    • ウイルススキャナによる巡回中の検査を停止
      ウイルススキャナによる巡回中の検査の有無を切り替える

  • 受信メールの転送
    • 総務省の迷惑メール情報提供窓口に転送
      対象メッセージを迷惑メール情報提供窓口に転送する
    • 転送オプション
      転送オプション (情報提供、新着転送関連) を設定する

  • リモートメールボックス
    リモートメールボックスを表示する
  • 環境変数の表示
    Eimei AntiSpam が認識している全ての環境変数を表示する
  • スクリプト言語の情報
    スクリプト言語のインストール状況を表示する
  • SPF / DNS 関連の設定
    SPF 検証および DNS 逆引きの ON-OFF を設定する
    ※SPF 検証 [OFF] → SPF / Sender ID の検証が必要な機能
     (ルール、システムテンプレート、他) の運用を停止します。
     停止対象は擬似フィールド (macro.authentication.results)、
     SPF / Sender ID の検証が必要なシステムテンプレート全般および
     内蔵ビューア (プレビュー) の [SPF / Sender ID 検証] 機能です。
    ※DNS 逆引き [OFF] → DNS の逆引きが必要な機能
     (ルール、システムテンプレート、他) の運用を停止します。
     停止対象は擬似フィールド <DNSBL>、<URIBL>、
     <S25R-Regexp>、<S25R-Lookup>、(macro.lookup.hostname)、
     ネット接続が必要なシステムテンプレート全般および
     内蔵ビューア (プレビュー) の [HostName 確認] 機能です。
    ※停止中のルール (擬似フィールド) やシステムテンプレートは
     各フィルタやユーザーテンプレートに対する登録が制限されます。
     既に登録済みのルールは常に該当しないものとして扱われます。
     [システムテンプレートでチェック] の対象からも除外されます。

  • 内蔵キャッシュのクリア
    Eimei AntiSpam の内蔵キャッシュをクリアする
    ※Eimei AntiSpam の内蔵 (メモリ上の) キャッシュは
     SPF、DNS および S25R 関連の検証結果を保持しています。

  • bregonig.dll (ANSI/Shift_JIS 専用版) の導入
    bregonig.dll (ANSI/Shift_JIS 専用版) をインストールする
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei