Version 1.0.3.0 (2019/05/20)
* 正式版 (第4版)
* easpamc.exe) 本文データに極端に長い行が含まれているとき、
 プレビュー画面や内蔵ビューアで動作異常が発生する不具合を修正
 (本文データを 8 KB を目安に改行することで動作異常を回避)
* easpamc.exe) easpamc.exe 起動後、一度も操作されていないとき、
 自動巡回の開始直後にアクティブウィンドウが切り替わる不具合を修正
* easpamc.exe)
 巡回中断や異常終了 (強制終了) 発生時に処理中だったメールを
 リモートメール画面の [件名] 欄の目印で識別できるように改良
* easpamc.exe) アカウント別の手動巡回 (個別巡回) 実行時に
 前回の巡回中に発生した巡回中断や異常終了 (強制終了) の
 原因となった可能性のあるメールを検査対象から除外する機能を追加
* easpamc.exe) メイン画面および内蔵ビューアに
 [テキストパートをブラウザで表示] および
 [メールデータをメールクライアントで表示] を追加
* easpamc.exe) オプション画面の [詳細設定 2] タブに
 [ツールバーボタン (メイン画面、内蔵ビューア、他) のサイズ]、
 [本文の表示範囲をメッセージの状態に応じて制限する]、
 [テキストパートをブラウザで表示するとき、警告を表示する]、
 [メールデータを...で表示するとき、警告を表示する] を追加
* easpamc.exe)
 内蔵ビューアの [制御文字] の設定を [フォント] の設定画面に移行
* easpamc.exe) リモートメール画面の [オプション] メニューに
 [メッセージ一覧のフォント] 等を追加
* easpamc.exe) フィルタおよびテンプレートの編集画面の
 [オプション] メニューに [ルール一覧のフォント] 等を追加
* easpamc.exe) 着信窓の文字列上をマウスポインタが通過したとき、
 [Shift] キーが押されていたら、着信窓を隠すように動作を改良
* easpams.exe)
 [Eimei AntiSpam Server 目次] に [Eimei AntiSpam 動作記録] を追加
 (最新の巡回情報、各種ログ、システムレポートの表示)
* その他、軽微な修正および改良

Version 1.0.2.0 (2019/03/10)
* 正式版 (第3版)
* easpamc.exe、easpams.exe、easpamu.exe)
 マルチディスプレイの影響を受ける各種処理を調整
* easpamc.exe) 着信窓のホームポジションの仕様を変更
 (この影響で初回起動時にホームポジションが初期化されます)
* easpamc.exe)
 自動巡回の抑制条件となるフルスクリーンアプリケーション=
 メインディスプレイが単一のウィンドウで覆われているとき、とする
 (サブディスプレイ上のウィンドウの状態は考慮しない)
* easpamc.exe)
 自動巡回を抑制するウィンドウの指定項目に <vsc=WxH> を追加
* easpamc.exe) 常駐アイコンのポップアップメニューに
 [着信窓のホームポジションの初期化] を追加
 (前バージョンの [ウィンドウの表示位置の初期化] から機能を分離)
* easpamc.exe) [リモートメールボックス] を [リモートメール] に改称
* easpamc.exe) メイン画面に [ツール→ディスプレイの情報] を追加
* easpamc.exe) メイン画面に [ファイル→関連フォルダの参照] を追加
* easpamc.exe) オプション画面の [詳細設定] タブに
 [リストビュー (履歴一覧、他) にグリッドラインを表示する] を追加
* easpamc.exe) IMAP でメールの認識漏れが発生する不具合を修正
 (IMAP 関連の一部の処理を nMail.DLL 関数から独自の実装に変更)
* easpamc.exe)
 IMAP アカウントの [動作確認] で結果が正常だったにも関わらず、
 既存のメールを検査対象から除外できなかった不具合を修正
* easpamu.exe) easpamu.exe 実行中の easpamc.exe および
 easpams.exe の起動 (各種画面のダイレクト表示を含む) が
 "排他制御用の Mutex の作成..." で失敗する不具合を修正
* easpams.exe) HTTP 巡回情報および各種ログの表示機能を追加
* その他、軽微な修正および改良

Version 1.0.1.0 (2018/12/20)
* 正式版 (第2版)
* easpamc.exe、easpams.exe、easpamu.exe)
 マルチディスプレイ時のメインディスプレイの識別処理を修正
 (単独表示のメッセージボックスをメインディスプレイ中央に配置)
* easpamc.exe)
 既存メールの除外処理 (アカウントの編集画面の [動作確認] 関連) で
 書き込み違反 (eascomm.dll 内) が発生する不具合を修正
* easpamc.exe) stunnel 5.50 (64bit版) の導入に対応
* easpamc.exe) 常駐アイコンのポップアップメニューの
 [Eimei AntiSpam の情報] に [ウィンドウの表示位置の初期化] を追加
 (各種ウィンドウが画面外に配置されてしまったときの救済機能)
* easpams.exe) HTTP 履歴一覧に発信国の表示欄 [発] を追加
* その他、軽微な修正および改良

Version 1.0.0.0 (2018/07/26)
* 正式版 (第1版)


Version 0.9.0.3 (2018/04/27)
* 正式候補版 (第4版)

Version 0.9.0.2 (2018/04/17)
* 正式候補版 (第3版)
* easpamc.exe) 極端に長い行にワイルドカードを適用した場合、
 easpamc.exe が異常終了する為、ワイルドカードの仕様を変更

Version 0.9.0.1 (2018/02/22)
* 正式候補版 (第2版)

Version 0.9.0.0 (2018/01/28)
* 正式候補版 (第1版)


Version 0.8.1.0 (2017/12/09)
* 開発途上版 (第11版)
* easpamc.exe) 書庫内のファイル名の取得時に BREGEXP.DLL が原因で
 異常終了が発生する問題に対応

Version 0.8.0.9 (2017/10/26)
* 開発途上版 (第10版)
* easpamc.exe) オプション画面の [着信設定] タブの
 常駐アイコンの [着信制限が ON でも着信表示に切り替える] が
 正常に機能していなかった不具合を修正
* easpamc.exe) FPU 例外 (浮動小数点例外) の抑制処理を追加

Version 0.8.0.8 (2017/10/01)
* 開発途上版 (第9版)
* easpamc.exe) [許可履歴、禁止履歴に移動] と
 [巡回先の許可メール、禁止メールの保存期間] が正常に連動せず、
 巡回先のメールの保存期間が更新されていなかった不具合を修正
* easpamc.exe) RBL.JP が2017年9月末日を持って終了の為、
 RBL.JP 関連のシステムテンプレート (ST6656、ST7168) を廃止

Version 0.8.0.7 (2017/07/26)
* 開発途上版 (第8版)
* easpamc.exe) メイン画面に [ツール→SPF / DNS 関連の設定] を追加

Version 0.8.0.6 (2017/06/25)
* 開発途上版 (第7版)

Version 0.8.0.5 (2017/05/24)
* 開発途上版 (第6版)
* easpamc.exe) 巡回中の検査で DNSBL、URIBL および
 S25R 関連のルールが機能していなかった不具合を修正

Version 0.8.0.4 (2017/04/22)
* 開発途上版 (第5版)

Version 0.8.0.3 (2017/03/29)
* 開発途上版 (第4版)
* easpamc.exe) [最新の巡回情報] 関連の記録処理の不具合を修正
* easpamc.exe) メイン画面に [表示→プレビュー表示の既定値] を追加

Version 0.8.0.2 (2017/03/26)
* 開発途上版 (第3版)
* setup.exe) インストール先フォルダの選択ダイアログの挙動を修正

Version 0.8.0.1 (2017/03/17)
* 開発途上版 (第2版)

Version 0.8.0.0 (2017/01/29)
* 開発途上版 (第1版)

上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei