スクリプトファイル

擬似フィールド <script> は Eimei AntiSpam が出力する
検査用のテキストデータを利用者自身が作成した
スクリプトファイルで検査する機能を提供します。
本機能で使用可能なスクリプト言語は以下の通りです。

言語 拡張子 実行環境 OS標準
VBScript .vbs cscript.exe yes
JScript .js cscript.exe yes
WSH/VB .wsf cscript.exe yes
WSH/JS .wsf cscript.exe yes
Perl .pl perl.exe no
PHP .php php.exe no
Ruby .rb ruby.exe no
Python .py python.exe no
Tcl .tcl tclsh.exe no

※実行環境 (*.exe) にはパスが通っている必要があります。
※OS標準以外の言語は PC 毎にインストール作業が必要です。
 メイン画面のメニューの [ツール→スクリプト言語の情報] で
 現在のインストール状況を確認することができます。

本ソフトが出力する検査用のテキストデータの仕様は以下の通りです。

ファイル名 内容 出力条件 文字コード 改行
BODY.TXT メッセージ本体 常に出力 Shift_JIS \r\n
HEAD.TXT ヘッダ 常に出力 Shift_JIS \r\n
HTML.TXT HTML→TEXT 有効なHTML→TEXTが存在 Shift_JIS \r\n
MESS.TXT メッセージのソース 常に出力 ソース依存 \r\n
FILE.TXT 添付ファイル名 有効なファイル名が存在 Shift_JIS \r\n
ZIPL.TXT ZIP書庫内のファイル名 有効なファイル名が存在 Shift_JIS \r\n
STAT.TXT 基本情報 常に出力 Shift_JIS \r\n

※BODY.TXT … 内蔵ビューアの [Body] タブの内容と同等です。
※HEAD.TXT … 内蔵ビューアの [Header] タブの内容と同等です。
※HTML.TXT … 内蔵ビューアの [HTML] タブの内容と同等です。
※MESS.TXT … 内蔵ビューアの [Source] タブの内容と同等です。
※FILE.TXT … 添付ファイル名を 1 行 1 ファイル名で出力します。
※ZIPL.TXT … ZIPファイルが Base64 形式で添付されているとき、
 ZIP書庫内のファイル名を 1 行 1 ファイル名で出力します。
※STAT.TXT … 以下の情報を出力します。
 1 行目 → 送信日時 (Date:) を yyyy/mm/dd hh:nn:ss で記載
  2 行目 → 受信日時 (Received:) を yyyy/mm/dd hh:nn:ss で記載
  3 行目 → 対象メッセージの容量をバイト数 (数値) で記載
 (送信日時、受信日時が yyyy/mm/dd hh:nn:ss で表現できない場合、
 0000/00/00 00:00:00 が記載される)
※検査用のテキストデータの出力先は {user}\SCRIPT\ です。
 (スクリプトファイルの保存先と同一のフォルダ)

検査用のスクリプトファイルは以下の仕様に従って作成して下さい。

  • 本ソフトが出力するテキストデータを元に検査を実施する
    (検査用のテキストデータの改変および削除は NG)
  • 対象メッセージが検査内容に該当したときの戻り値は 101
    該当しなかったときの戻り値は 100 とする
  • スクリプトファイルの拡張子は上記の表による
    (拡張子で実行環境を識別する為、他の拡張子は不可)
  • スクリプトファイルの保存先は {user}\SCRIPT\ とする
    (検査用のテキストデータの出力先と同一のフォルダ)

※スクリプトファイル内で本ソフト固有の環境変数を参照できます。
 参考) 環境変数、{inst}、{user}
※スクリプトファイルの 1 行目がコメント行ならコメントの内容が、
 そうでないならファイル名がルールの備考に反映されます。
 (どちらも Shift_JIS のみ正常に扱える)

上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei