検査結果の誤りに対する応急処置

検査結果の誤りに対する応急処置の内容 (処置項目) は
巡回時の検査結果に応じて以下のように変化します。

禁止対象に分類されたメッセージに応急処置を施すとき

  • 差出人を許可対象として許可フィルタに登録する
  • 学習型フィルタで clean 学習する
  • ローカルメールボックスに保存する
  • 許可履歴に移動する (巡回先のメールの保存期間を更新する)

許可対象に分類されたメッセージに応急処置を施すとき

  • 差出人を禁止対象として汎用フィルタに登録する
  • 学習型フィルタで spam 学習する
  • ローカルメールボックスから削除する
  • 禁止履歴に移動する (巡回先のメールの保存期間を更新する)

  1. 応急処置を施しても十分な対策を施したとは言えません。
    特に許可ルールに該当したメッセージを禁止対象として
    扱いたい場合、許可ルールの見直しが必要不可欠です。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei