メイン画面の概要

Eimei AntiSpam のメイン画面のウィンドウ内には
以下の情報が表示されます。

  • [許可履歴] タブ
    許可履歴 (許可メール) の一覧
  • [禁止履歴] タブ
    禁止履歴 (禁止メール) の一覧
  • プレビュー画面
    対象メッセージの概要と Body または Header + Body を表示する

履歴や検査結果の確認、フィルタの編集、テンプレートの管理など、
Eimei AntiSpam の主要な操作はこの画面を中心に行います。

メイン画面の履歴一覧の 1 列目の目印の意味は以下の通りです。

目印 意味
最新バージョンの情報、禁止メールのレポート
手動設定の目印
迷惑メール情報提供窓口に転送したメール
内部フィルタ、学習型フィルタ、
ウイルススキャナで分類できなかったメール
着信メール

※表示の優先優位は です。

履歴一覧の 2 列目 (メールタイプ) の目印の意味は以下の通りです。

目印 意味
添付ファイル付きメール
HTMLメール
マルチパートメール
シングルパートのテキストメール

※表示の優先優位は です。
※青系は巡回中の検査で許可対象に分類されたメール、
 赤系は巡回中の検査で禁止対象に分類されたメール、
 グレー系は一時的に登録されたメールの目印です。

履歴一覧の [件名] 欄に表示される目印の意味は以下の通りです。

目印 意味
巡回先のメールボックスに現存するメール
ローカルメールボックスに現存するメール
履歴に全文が記録されているメール

※個々のメールの保存状況に応じて上記の目印を合成→表示します。
※巡回先のメールの保存状況は前回の巡回時の状況が表示されます。
 それ以降に発生した変化は反映されません。
※青系は巡回中の検査で許可対象に分類されたメール、
 赤系は巡回中の検査で禁止対象に分類されたメール、
 グレー系は一時的に登録されたメールの目印です。


  1. メールデータ (*.eml 等) を履歴一覧にドラッグ&ドロップすると、
    既存のメールを一時的に履歴一覧に登録することができます。
    一時的に登録されたメールは学習型フィルタの学習対象として、
    あるいは Rule) 項目の参照元として利用することができます。
  2. 履歴一覧の項目名のクリックで、履歴一覧をソートできます。
    項目名が差出人か受取人の場合、[Shift] キーを押しながら
    クリックすると、メールアドレス基準でソートされます。
    [Ctrl] キーの場合、ドメイン基準でソートされます。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei