• このアカウントに届いた新着メールを着信の対象に含める
    許可ルールに該当しなかった新着メールも着信の対象に含める
  • このアカウントに着信メールが届いたとき、
    次のサウンドを再生する
    サウンドファイル (*.wav、*.wma、*.mp3 等) を登録する
  • このアカウントに着信メールが届いたとき、
    次のプログラムを実行する
    外部プログラム (*.exe、*.lnk、*.url、*.website 等) を登録する
  • 本文の受信範囲
    全文または指定行数 (POP3)、指定字数 (IMAP) を選択する
    指定行数の範囲は 20 〜 999999999、初期値は 50 (行)
    指定字数の範囲は 1000 〜 999999999、初期値は 2500 (字)
  • 内部フィルタの優先順位
    許可、汎用、個別フィルタによる検査の優先順位を選択する
  • 内部フィルタに該当しなかったメッセージを
    学習型フィルタで検査する
    学習型フィルタによる検査は SylFilter の導入が必要
  • 内部&学習型フィルタに該当しなかったメッセージを
    ウイルススキャナで検査する
    ウイルススキャナによる検査は ClamAV for Win32 または
    ClamWin Free Antivirus の導入が必要
  • このアカウントはメッセージを降順で受信する
    チェックを付けるとメール番号 (POP3) または UID (IMAP) の
    大きい方から小さい方に向かって受信 (検査) を実行する
  • このアカウントは巡回前に捨て認証を実行する
    チェックを付けると巡回を実行 (メールを検査) する前に
    接続→認証→切断を実行する (再接続後に検査を実行)
  • このアカウントは全文受信を指定行数受信で代替する
    RETR コマンドを TOP コマンドで代替する (POP3専用)
  • 削除メールのバックアップ先
    バックアップ先として (NULL) 以外のフォルダを指定すると、
    自動または手動巡回中にメッセージを削除するとき、
    削除対象を指定のリモートフォルダに自動保存する (IMAP専用)
    ※削除メールのバックアップ先は直接入力で指定できません。
     [...] ボタンで最新のメールボックス一覧を表示、
     バックアップ先のリモートフォルダを選択します。
    ※本機能はバックアップ先のリモートフォルダを自動作成しません。
     バックアップ先が存在しない場合、巡回時にエラーが発生します。
    ※[リモートメールボックス] 機能による削除は本機能の対象外です。

  1. [動作確認] ボタンで接続および認証テストを実行できます。
    動作確認の実行結果が正常な場合、巡回先の既存のメールを
    検査対象から除外することができます。
    LMB が有効な場合、除外された巡回先のメールの保存期間は
    [巡回先の許可メールの保存期間] の設定に従います。
  2. [Copy] ボタンで入力内容をクリップボードにコピーできます。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei