自動巡回を抑制するウィンドウ

自動巡回を抑制するウィンドウの入力形式の基本形は
[<クラス名><タイトル名><サイズ><デスクトップサイズ>] です。
抑制条件は入力欄に 1 行 1 条件で入力する必要があります。

クラス名はウィンドウに関する内部的な識別名 (文字列) です。
クラス名が Afx: で始まらず、バージョン情報も含まない場合、
一般的には固定的な文字列です。
タイトル名はウィンドウのタイトルバーに表示される文字列で
[アプリケーション名] のように固定の場合もあれば、
[文書名 - アプリケーション名] のように変化する場合もあります。
クラス名、タイトル名は抑制条件の必須項目でワイルドカード
記述する必要があります。

サイズは対象ウィンドウのサイズで <fgw=WxH> のように記述します。
デスクトップサイズは <dsw=WxH> のように記述します。
WxH の直後が + なら指定サイズ以上 (W および H が指定値以上)、
- なら指定サイズ未満 (W または H が指定値未満) を表します。
サイズ、デスクトップサイズは抑制条件の任意項目で省略可能です。
また、指定値が矛盾しない範囲で複数の項目を指定可能です。

  • 入力例 [<Notepad><* - メモ帳>]
    … メモ帳がフォアグランドのとき
  • 入力例 [<MediaPlayerClassicW><*><fgw=1170x780+>]
    … 対象ウィンドウのクラス名が MediaPlayerClassicW、
      サイズが 1170x780 以上のとき (入力例の対象は MPC-HC)
  • 入力例 [<*><*><dsw=1920x1080->]
    … デスクトップサイズが 1920x1080 未満のとき

入力欄の行頭が ; の場合、当該条件は無効となります。

  • 入力例 [;<*><*><dsw=1920x1080->] … この条件は無効


  1. 抑制条件の入力欄にフォーカスがあるとき、
    [Ctrl] + [F5] キーで直下のウィンドウの情報を
    抑制条件として追加することができます。
    本機能は管理者モードのウィンドウにも対応していますが、
    デスクトップウィンドウには対応していません。
  2. [オプション→巡回抑制] タブを開いた状態のまま、
    抑制条件とするウィンドウをフォアグランドに切り替えて、
    [Ctrl] + [Shift] + [BS] キーを押すことで、
    当該ウィンドウの情報を取得することができます。
    本機能は管理者モードのウィンドウおよび
    デスクトップウィンドウには対応していません。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei