リモートメールの概要

リモートメールは巡回先のメールボックス (GMB) に現存する
メッセージを直接的に操作 (受信、削除) する機能です。

接続中のリモートメール画面のウィンドウ内には
巡回先に現存するメッセージの一覧が表示されます。

メッセージ一覧の [件名] 欄には検査に関する以下の目印が表示されます。

目印 意味
許可履歴に登録されているメール
禁止履歴に登録されているメール
許可対象に分類されているメール (巡回中断で履歴には未登録)
禁止対象に分類されているメール (巡回中断で履歴には未登録)
検査結果が保存されていないメール (検査済み or 除外済み)
検査結果が記録されていないメール (検査前のメール)

前回の巡回でメールの個別処理中に巡回中断や異常終了 (強制終了) が
発生した場合、上記の替わりに以下の目印が表示されます。

目印 意味
巡回中断の原因となったメール (受信エラー)
巡回中断の原因となったメール (受信以外の通信エラー)
異常終了 (強制終了) 発生時に受信中だったメール
異常終了 (強制終了) 発生時に検査準備中だったメール
異常終了 (強制終了) 発生時に検査中または結果保存中だったメール

メッセージ一覧の 1 列目に表示される目印は
直前に実行された [全ての予約の実行] の成否を表します。

目印 意味
予約内容の実行に成功
予約内容の実行に失敗

メッセージ一覧の [1] 〜 [3] 欄に表示される目印は [概要取得の予約]、
[全文受信の予約]、[削除処理の予約] の状態を表します。


  1. リモートメールは巡回中断や異常終了の原因となっているメール、
    Eimei AntiSpam の検査対象から除外された古いメールの処理など、
    主としてトラブル対応を想定した補助的な機能です。
    検査結果の誤りの訂正など、日常的なメールの処理はメイン画面の
    履歴一覧に対する操作で対応することを推奨します。
上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei