ローカルメールボックス
  • このアカウントにローカルメールボックス (LMB) を割り当てる
    チェックを外すと削除機能付きメールチェッカーとして動作する
    (禁止メールは巡回先から削除、許可メールはそのまま残す)
  • LMB のユーザーID、メールパスワードは
    巡回先と同じ設定を使用する
    ローカルメールボックスで巡回先と同じユーザーID、
    メールパスワードを使用するときに選択する
  • LMB のユーザーID、メールパスワードは次の設定を使用する
    ローカルメールボックスで巡回先とは異なるユーザーID、
    メールパスワードを使用するときに選択する
  • ユーザーID
    ローカルメールボックスのユーザーID
  • メールパスワード
    ローカルメールボックスのメールパスワード
  • 禁止メールも LMB に保存する
    禁止メールの件名に [mei] を付加する
  • 巡回先の許可メールの保存期間
    許可メールを巡回先に残しておく期間を選択する
  • 巡回先の禁止メールの保存期間
    禁止メールを巡回先に残しておく期間を選択する
  • 巡回先は UIDL が未実装、または UIDL の挙動に問題がある
    UIDL による新着の認識に支障があるときに使用する (POP3専用)
    ※[巡回先は UIDL が未実装、または...] を ON に設定する場合、
     [巡回先の許可メール、禁止メールの保存期間] の両方を 0 日に
     設定する必要があります。

  1. ローカルメールボックス (LMB) とは本ソフトの検査にパスした
    メールが保存される POP3 仕様の PC 上のメールボックスです。
  2. ローカルメールボックス (LMB) 経由でメールを受信する場合、
    メールソフトの設定を変更する必要があります。
  3. [動作確認] ボタンで接続および認証テストを実行できます。
    動作確認の実行結果が正常な場合、巡回先の既存のメールを
    検査対象から除外することができます。
    LMB が有効な場合、除外された巡回先のメールの保存期間は
    [巡回先の許可メールの保存期間] の設定に従います。
  4. [Copy] ボタンで入力内容をクリップボードにコピーできます。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei