ツールバーに配置されている検索窓に検索ワードを入力、
検索ボタンをクリックすると検索ワードに該当するメッセージを
列挙 (抽出) することができます。

検索ボタンの右隣のクィック検索ボタンをクリックすると
定型の検索ワードがポップアップメニューで表示されます。
普通に選択すると直ちに検索を実行、[Shift] キーを押しながら
選択すると検索欄に検索ワードが入力されます。

履歴一覧に対する検索ワードの書式は以下の通りです。

  • <1h> 〜 <99999h> … 受信 (巡回) から指定時間以内のメール
  • <1d> 〜 <99999d> … 受信 (巡回) から指定日以内のメール
  • <text> … プレーンテキストのメール
  • <full> … 履歴に全文が記録されているメール
  • <000> 〜 <999> … アカウントの Code が一致するメール
  • <yyyy/mm/dd>、<yyyy/mm/>、<yyyy/mm>、
    <yyyy/>、<yyyy> … 日付欄が検索ワード以降のメール
    (yyyy は西暦4桁、mm は月で 01〜12、dd は日で 01〜31)
  • <1KB> 〜 <9999KB>、
    <1MB> 〜 <9999MB> … 指定容量以上のメール
  • <A> … 許可フィルタに該当したメール
  • <B> … 汎用フィルタに該当したメール
  • <C> … 個別フィルタに該当したメール
  • <AFnnnn>、<BFnnnn>、<CFnnnn-xxx>、
    <Bayes>、<Virus> … ルール欄が検索ワードと一致するメール
    (AF は許可フィルタ、BF は汎用フィルタ、CF は個別フィルタ、
    nnnn はルールの Code、xxx はアカウントの Code)
  • <clean>、<spam> … 学習欄が検索ワードと一致するメール
  • <JP>、<US>、<CN>、等 …
    発信国 (ISO 3166-1 alpha-2) が一致するメール
  • <GMB> … 巡回先のメールボックスに現存するメール
    (前回の巡回時に記録された情報を元に検索する為、
    それ以降に発生した変化は反映されない)
  • <LMB> … ローカルメールボックスに現存するメール

メールデータに対する検索ワードの書式は以下の通りです。

  • (A) … 内部フィルタで [許可する] に該当するメール
  • (B) … 内部フィルタで [禁止する] に該当するメール
  • (F) … 内部フィルタに該当するメール
  • (STxxxx)、(UTxxxx) …
    テンプレートに該当するメール (xxxx はテンプレートの Code)
  • (Search)  … 検索ルールに該当するメール
  • (Buffer)  … 記憶中の単一ルールに該当するメール
  • (clean)   … 学習型フィルタで clean に分類されるメール
  • (spam)    … 学習型フィルタで spam に分類されるメール
  • (malware) … ウイルススキャナで malware が検出されるメール

上記に該当しない検索ワードの検索対象は差出人、件名、受取人です。
対象欄に検索ワードが含まれているメッセージが列挙されます。
(半角英字の大文字小文字は区別しない)

検索欄の先頭に否定を意味する ! を入れた場合、
検索ワードに該当しないメッセージが列挙されます。

  • 入力例 [!<JP>] … 発信国が JP (日本) 以外のメール

  1. 履歴一覧に対する検索はそれなりの速度で処理されますが、
    メールデータに対する検索はかなり低速です。
    (PC の性能や検索条件で異なるが、100 件で数十秒程度)
上に戻る

Copyright (C) 2017-2018 by eimei