システムテンプレート

システムテンプレートの概要は以下の通りです。

  • ST0128 海外から発信されたと思われるメール
  • ST0256 海外から発信されたと思われるメール
    (Gmail & Outlook.com は除く)
  • ST0384 海外を経由または海外から発信されたと思われるメール
  • ST0512 海外を経由または海外から発信されたと思われるメール
    (Gmail & Outlook.com は除く)
  • ST0640 外国語の可能性が高いメール
  • ST0768 外国語の可能性が高いメール (エラーメールは除く)
  • ST0896 欧文 (英文等) の可能性が高いメール
  • ST1024 欧文 (英文等) の可能性が高いメール (エラーメールは除く)
  • ST1152 Gmail で送受信できない種類のファイルが
    添付されているメール
  • ST1216 Gmail で送受信できない種類のファイルが
    添付のZIP書庫内に存在するメール
    ※ST1216 はメールに添付されているZIP書庫 (ZIP64 形式以外) の
     1 階層目のファイル名を対象とします。
    ※参考) ブロックされるファイル形式 - Gmail ヘルプ
     https://support.google.com/mail/answer/6590
  • ST1280 Outlook 2013 でブロックされる種類のファイルが
    添付されているメール
  • ST1344 Outlook 2013 でブロックされる種類のファイルが
    添付のZIP書庫内に存在するメール
    ※ST1344 はメールに添付されているZIP書庫 (ZIP64 形式以外) の
     1 階層目のファイル名を対象とします。
    ※参考) Outlook でブロックされる添付ファイル - Outlook
     http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook-help/HA102749484.aspx
  • ST1408 Subject: が存在しない、または Subject: に
    印字可能な文字が含まれていないメール
  • ST1536 Subject: に "メアド+敬称" が含まれているメール
  • ST1664 Subject: が 256 文字 (半角) 以上のメール
  • ST1792 From: が存在しない、または From: に @ が
    含まれていないメール
  • ST1856 <from+> に 2 種類以上の携帯キャリアのドメインが
    含まれているメール
    ※ST1856 は docomo.ne.jp, zweb.ne.jp, softbank.ne.jp,
     i.softbank.jp ドメインを対象とします。
  • ST1920 <from+> に ccTLD のメアドが含まれているメール
    (gccTLD & .jp は除く)
  • ST2048 <from+> に gccTLD のメアドが含まれているメール
    ※参考) インターナショナル ターゲティング - Search Console ヘルプ
     https://support.google.com/webmasters/answer/62399
  • ST2112 <from+> に 新gTLD (2012年以降) のメアドが含まれているメール
    ※参考) 新gTLD - JPNIC
     https://www.nic.ad.jp/ja/dom/new-gtld.html
  • ST2176 To: が存在しない、または To: に @ が含まれていないメール
  • ST2304 <to+> に 10 個以上の異なるメアドが含まれているメール
  • ST2432 Date: が存在しない、または Date: が RFC 2822 に
    準拠していないメール
  • ST2560 Date: に日本のタイムゾーン (+0900 や JST) が
    指定されていないメール
  • ST2688 Date: に日本のタイムゾーンが指定されていないメール
    (Gmail & Outlook.com は除く)
  • ST2816 送信日時 (Date:) が受信日時 (Received: の記録日時)
    よりも 24 時間以上未来のメール
  • ST2944 送信日時 (Date:) が受信日時 (Received: の記録日時)
    よりも 10 日間以上過去のメール
  • ST3072 同報配信ソフトで送信された可能性が高いメール
  • ST3200 メールソフトの返信機能を使っていないと思われる返信メール
  • ST3328 Message-ID: が存在しない、または Message-ID: が
    RFC 2822 に準拠していないメール
  • ST3456 Message-ID: の @ 以降が受信者側のホスト名に一致するメール
  • ST3584 <body> が存在しない、または <body> に
    印字可能な文字が含まれていないメール
  • ST3712 <body> に "メアド+敬称" が含まれているメール
  • ST3840 <body> に IPv4 形式のリンクが含まれているメール
  • ST3968 <body> に半角カタカナが含まれているメール
  • ST4032 <body> に半角カタカナ (ア〜ン、ァ〜ッ) が連続で
    含まれているメール
  • ST4096 <body> にNEC特殊文字 (①、㈱、℡、№ 等) が
    含まれているメール
  • ST4224 メッセージ本体に空 (カラ) のテキストパートが
    含まれているHTMLメール
  • ST4352 メッセージ本体に印字可能な文字データ (文章) が
    含まれていないメール
  • ST4416 メッセージ本体に連続で 5 個以上の数値文字参照が
    含まれているHTMLメール
  • ST4480 メッセージ本体に連続で 25 行以上の空行が
    含まれているテキストメール
  • ST4608 メッセージ本体に連続で 50 行以上の空行が
    含まれているHTMLメール
  • ST4736 テキストパートが含まれているHTMLメール
    (本文がテキスト+HTML形式)
  • ST4864 テキストパートが含まれていないHTMLメール
    (本文がHTML形式のみ)
  • ST4992 ハイパーリンクが偽装されていると思われるHTMLメール
  • ST5120 文字コードが ISO-2022-JP なのに Base64 または
    Quoted-printable で変換されているメール
  • ST5248 文字コードが ISO-2022-JP なのに
    Content-Transfer-Encoding: 8bit のメール
  • ST5376 文字コードが Shift_JIS、EUC-JP、UTF-8 なのに
    Content-Transfer-Encoding: 7bit のメール
  • ST5504 文字コードが Shift_JIS で 8 bit のまま送信されたメール
  • ST5632 文字コードが EUC-JP で 8 bit のまま送信されたメール
  • ST5760 文字コードが UTF-8 で 8 bit のまま送信されたメール
  • ST5888 送信ドメイン認証の結果に hardfail、fail
    または discard が含まれているメール
  • ST6016 送信ドメイン認証の結果に softfail が含まれているメール
  • ST6144 送信ドメイン認証の結果に permerror が含まれているメール
    ※ST5888、ST6016、ST6144 を適用する場合、メールヘッダに
     Authentication-Results: または Received-SPF: が必要です。
  • ST6272 IE の制限付きサイトに登録されているドメインや
    IP アドレスが含まれているメール
  • ST6304 SPF / Sender ID の認証結果が fail に
    該当するメール (ネット接続が必要)
  • ST6320 SPF / Sender ID の認証結果が softfail に
    該当するメール (ネット接続が必要)
  • ST6336 SPF / Sender ID の認証結果が permerror に
    該当するメール (ネット接続が必要)
  • ST6352 SPF / Sender ID の認証結果が pass (+all) | (zero) に
    該当するメール (ネット接続が必要)
  • ST6368 SPF / Sender ID の認証結果が neutral (?all) | (zero) に
    該当するメール (ネット接続が必要)
    ※ST6304、ST6320、ST6336、ST6352、ST6368 は
     到着から 15 日以内のメールを検査対象とします。
    ※ST6304、ST6320、ST6336、ST6352、ST6368 は Received: に
     記録されている最上位のグローバルIPアドレス (IPv4) を
     基準に SPF / Sender ID の検証を独自に実行します。
    ※pass (+all) は SPF レコードの +all に該当するメールです。
     pass (zero) は対象メールの認証結果が "pass" で
     0.0.0.0 (IPv4) 基準の再検証も "pass" に該当するメールです。
    ※neutral (?all) は SPF レコードの ?all に該当するメールです。
     neutral (zero) は対象メールの認証結果が "neutral" で
     0.0.0.0 (IPv4) 基準の再検証も "neutral" に該当するメールです。
  • ST6400 S25R に該当するメール
    (既存の逆引き結果を利用、ネット接続が必要)
  • ST6528 S25R に該当するメール
    (既存の逆引き結果を無視、ネット接続が必要)
    ※ST6400、ST6528 は到着から 15 日以内のメールを検査対象とします。
    ※ST6400、ST6528 はグローバルIPアドレス (IPv4) が記録されている
     最上位の Received: を対象に検査を実施します。
    ※ST6400 は原則として既存 (対象行) の逆引き結果を利用しますが、
     既存の逆引き結果が不確実なときは独自に逆引きを実行します。
    ※ST6528 は常に既存の逆引き結果を無視、独自に逆引きを実行します。
  • ST6656 RBL.JP の all.rbl.jp (DNSBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST6784 SpamCop の bl.spamcop.net (DNSBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST6912 Spamhaus の zen.spamhaus.org (DNSBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST7040 BRBL の b.barracudacentral.org (DNSBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST7168 RBL.JP の url.rbl.jp (URIBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST7296 SURBL の multi.surbl.org (URIBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
  • ST7424 URIBL.COM の multi.uribl.com (URIBL) に該当するメール
    (ネット接続が必要)
    ※ST6656、ST6784、ST6912、ST7040、ST7168、ST7296、ST7424 は
     到着から 15 日以内のメールを検査対象とします。
  • ST7552 エラーメール (バウンスメール、リターンメール) と
    思われるメール (※)
  • ST7680 Google のメールサービス経由で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST7808 Microsoft のメールサービス経由で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST7936 Yahoo! JAPAN のメールサービス経由で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST8064 Microsoft Exchange Server 経由で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST8192 Windows 版 Outlook Express 4/5/6 で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST8320 Windows 版 Outlook 2000/2002/2003 で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST8448 Windows 版 Outlook 2007/2010/2013/2016 で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST8576 Windows Mail 6 で送信されたと思われるメール (※)
  • ST8704 Windows Live Mail 2008/2009/2011/2012 で
    送信されたと思われるメール (※)
  • ST9999 全てのメール
    (※許可ルールに該当しないメールは全て禁止する、などの用途で使用)

  1. テンプレートは複数のルールを束ねて、一つのルールとして
    取り扱うことで高度なルールを定義することが可能な仕組みです。
    テンプレートは単なるルールの定義集で、実際に使用するときは
    各フィルタにルールとして登録する必要があります。
  2. ユーザーテンプレートは利用者自身が作成するテンプレートで
    自由に編集することができます。
    システムテンプレートは Eimei AntiSpam に標準で付属している
    テンプレートで利用者の直接的な編集はサポートしていません。
    エクスポート→インポートでユーザーテンプレートとして複写、
    そちらを編集して利用する。またはユーザーテンプレートに
    ルールとして登録、他のルールと組み合わせて利用する。など、
    間接的な編集 (カスタマイズ) は可能です。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei