Spam Mail Killer から移行

Spam Mail Killer は Eimei AntiSpam の前身に当たる
自動削除機能付きメールチェッカーです。

Spam Mail Killer から Eimei AntiSpam に移行する場合、
以下の設定やデータが引き継ぎ可能です。

  • アカウントの設定
    ※引き継ぎ手順は以下の通りです。
     1. アカウント画面で [インポート] ボタンをクリックする
     2. ファイル選択ダイアログで [ファイルの種類] を
        [Spam Mail Killer データ (smkill.ini)] に変更する
     3. Spam Mail Killer のインストール先の smkill.ini を選択する
    ※登録番号順にアカウントの編集 (新規) 画面が表示されるので、
     内容の確認と修正を行って [OK] ボタンをクリックして下さい。
     [キャンセル] で当該アカウントの登録をスキップできます。
    ※セキュリティの関係上、メールパスワードは引き継ぎ対象外です。
    ※ローカルメールボックス関連など、Eimei AntiSpam 固有の
     新機能についてはデフォルトの設定になっています。
     巡回先のメールの保存期間など、慎重に確認して下さい。
    ※Spam Mail Killer の既読情報 (検査済みか否か) を引き継いで、
     Spam Mail Killer で検査済みのメールを Eimei AntiSpam の
     検査対象から除外することができます。
     LMB が有効な場合、除外された巡回先のメールの保存期間は
     [巡回先の許可メールの保存期間] の設定に従います。
    ※メールの受信漏れを防止する為、以下の流れで作業を行って下さい。
     1. Spam Mail Killer による最終のメールチェックを実行する
     2. [Spam Mail Killer の設定→補助設定] の
        [スタートアップにショートカットを登録] のチェックを外す
        (Spam Mail Killer の自動起動を解除する)
     3. Spam Mail Killer を終了する
     4. メールソフトの設定はそのままで、メールの受信を実行する
        (巡回先から現存する未受信のメールを全て受信する)
     5. Spam Mail Killer のアカウントの設定と既読情報を引き継ぎ、
        Spam Mail Killer で検査済みのメールを Eimei AntiSpam の
        検査対象から除外する
     6. ローカルメールボックス (LMB) を使用する場合、
        メールソフトのアカウントの設定を LMB 経由に変更する

  • 許可リスト
    ※引き継ぎ手順は以下の通りです。
     1. 許可フィルタの編集画面で [ルールのインポート] を実行する
     2. ファイル選択ダイアログで [ファイルの種類] を
        [Spam Mail Killer データ (smkill.ini)] に変更する
     3. Spam Mail Killer のインストール先の smkill.ini を選択する
    ※Spam Mail Killer の許可リストと Eimei AntiSpam の
     許可フィルタ (許可ルール) の間に完全な互換性はありません。
     できるだけ近似的なルールに変換してインポートを試みます。

  • @複数要素以外の禁止リスト
    ※引き継ぎ手順は以下の通りです。
     1. 汎用フィルタの編集画面で [ルールのインポート] を実行する
     2. ファイル選択ダイアログで [ファイルの種類] を
        [Spam Mail Killer データ (smkill.ini)] に変更する
     3. Spam Mail Killer のインストール先の smkill.ini を選択する
    ※Spam Mail Killer の禁止リストと Eimei AntiSpam の
     汎用フィルタ (禁止ルール) の間に完全な互換性はありません。
     できるだけ近似的なルールに変換してインポートを試みます。

  • 禁止リスト@複数要素
    ※引き継ぎ手順は以下の通りです。
     1. テンプレートの管理画面で [インポート] ボタンをクリックする
     2. ファイル選択ダイアログで [ファイルの種類] を
        [Spam Mail Killer データ (smkill.ini)] に変更する
     3. Spam Mail Killer のインストール先の smkill.ini を選択する
    ※Spam Mail Killer の禁止リスト@複数要素と Eimei AntiSpam の
     ユーザーテンプレートの間に完全な互換性はありません。
     できるだけ近似的なルールに変換してインポートを試みます。
    ※上記でインポートされたユーザーテンプレートは汎用フィルタや
     個別フィルタにルールとして登録しないと効果を発揮しません。


  1. 禁止リスト以外の削除条件は引き継げません。
    システムテンプレートなどで代替して下さい。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei