環境変数、{inst}、{user}、{comm}

Eimei AntiSpam が内部的に設定している環境変数は以下の通りです。
ルールとして呼び出されるスクリプトファイル等で参照できます。

  • __EAS_INST_DRV … Eimei AntiSpam のインストール先ドライブ
  • __EAS_INST_DIR … Eimei AntiSpam のインストール先フォルダ
  • __EAS_USER_DIR … Eimei AntiSpam のユーザーフォルダ
  • __EAS_COMM_DIR … Eimei AntiSpam の共有フォルダ

Eimei AntiSpam のインストール先フォルダが C:\easpam で、
ユーザーフォルダ、共有フォルダが既定のフォルダの場合、
環境変数は以下のようになります。

  • __EAS_INST_DRV=C:
  • __EAS_INST_DIR=C:\easpam
  • __EAS_USER_DIR=C:\easpam\user
  • __EAS_COMM_DIR=C:\easpam\common

このヘルプ等で使用されている {inst}、{user}、{comm} の表記は
以下のフォルダを表しています。

  • {inst} … Eimei AntiSpam のインストール先フォルダ
  • {user} … Eimei AntiSpam のユーザーフォルダ
  • {comm} … Eimei AntiSpam の共有フォルダ

  1. ユーザーフォルダにはユーザーに依存するデータが保存されます。
    共有フォルダにはユーザーに依存しないデータが保存されます。
    Eimei AntiSpam がノーマル仕様でインストールされている場合、
    これらのフォルダは {inst}\easconf.ini の編集で変更可能です。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei