• 禁止メールのレポートの集計間隔
    範囲は 0 〜 999、初期値は 24 (時間)、0 でレポート無効
  • 常駐アイコンの [最新の許可履歴] の表示件数
    範囲は 0 〜 50、初期値は 20 (件)、0 で履歴表示無効
  • 常駐アイコンの [最新の禁止履歴] の表示件数
    範囲は 0 〜 50、初期値は 20 (件)、0 で履歴表示無効
  • 常駐アイコンがダブルクリックされたとき、
    次のアクションを実行する
    内部コマンドまたは外部プログラム (*.exe 等) を登録する
  • 常駐アイコンが中ボタンクリックされたとき、
    次のアクションを実行する
    内部コマンドまたは外部プログラム (*.exe 等) を登録する
  • 指定の時間帯に再起動する
    Eimei AntiSpam を指定の時間帯に再起動する
  • 休止状態等から復帰した時に再起動する
    Eimei AntiSpam を OS 復帰時に再起動する
  • テキストエディタを標準のメールビューアに設定する
    チェックを付けるとメールビューアとして、
    内蔵ビューアよりもテキストエディタを優先的に使用する
  • ダイヤルアップ接続の PC で使用する
    チェックを付けると非常時接続を前提として動作する

  1. ダイヤルアップ接続 (非常時接続) の場合、自動巡回は
    現にインターネットに接続されているときのみ実行されます。
    手動巡回の場合、現に接続されているときは直ちに巡回を実行、
    インターネット接続は巡回後も維持されます。
    接続されていないときは接続画面を表示、接続後に巡回を実行、
    インターネット接続は巡回後に解除 (切断) されます。
    ※テスト環境が用意できない為、上記の動作は未検証です。
  2. [Copy] ボタンで入力内容をクリップボードにコピーできます。
上に戻る

Copyright (C) 2017-2018 by eimei