内蔵ビューアの概要

内蔵ビューアはメッセージ (履歴) の閲覧に使用します。
ウィンドウ内には以下の情報が表示されます。

  • [Body] タブ
    対象メッセージの概要とメッセージ本体
  • [Header] タブ
    対象メッセージのヘッダ
  • [HTML→TEXT] タブ
    対象メッセージのHTMLパートに含まれるテキストデータ
  • [Source] タブ
    対象メッセージのソース (デコード前のメールデータ)
  • [UTF-8] タブ
    対象メッセージのテキストパートを UTF-8 で表示する
    ※本ソフト側で Base64 / Quoted-printable のデコードおよび
     UTF-8 変換を実施、UTF-8 対応のコンポーネントで表示します。
    ※本機能は日本語以外のメールの表示にも対応していますが、
     表示内容をルールのキーワードに利用することはできません。
    ※原則として本機能の初期表示の優先順位は
     [UTF-8 (TEXT)] > [UTF-8 (H2Tconv)] >
     [UTF-8 (HTML→TEXT)] > [UTF-8 (HTML)] です。
    ※表示対象は [UTF-8] タブのテキスト表示部の右クリックで
     表示されるポップアップメニューで切り替えることができます。
     [UTF-8 (TEXT)] は text/plain パートの表示、
     [UTF-8 (HTML)] は text/html パートの表示、
     [UTF-8 (HTML→TEXT)] は本ソフトの HTML→TEXT 変換による表示、
     [UTF-8 (H2Tconv)] は H2Tconv の HTML→TEXT 変換による表示です。
    ※本来、本ソフトの HTML→TEXT 変換機能は UTF-8 対応ではない為、
     テキストの部分的な欠落やタグの残存が発生することがあります。
     より正確な変換 (表示) を望む場合、H2Tconv を導入して下さい。
上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei