メールソフトの設定

ローカルメールボックス (LMB) を経由してメールを受信する場合、
メールソフトのアカウントの設定を変更する必要があります。

Eimei AntiSpam Server のメイン画面に表示された情報が (A) の場合、
メールソフトのアカウントは (B) のように設定します。

(A)
Host Name   : my-computer (localhost)
IP Address  : 192.168.0.2 (127.0.0.1)
POP3 Status : +OK [110]
HTTP Status : +OK [80]

(B)
受信 (POP3) サーバー Eimei AntiSpam Server とメールソフトが
同一の PC に存在する場合、
[127.0.0.1] または [localhost] とする。
同一ネットワーク内の別の PC に存在する場合、
[my-computer] または [192.168.0.2] とする。
ポート番号 [110] とする。
ユーザーID Eimei AntiSpam の [アカウントの編集] の
[ローカルメールボックス] の設定に合わせる。
メールパスワード Eimei AntiSpam の [アカウントの編集] の
[ローカルメールボックス] の設定に合わせる。
認証方式 通常の認証 (USER/PASS)、
暗号化された認証 (APOP) のどちらでもよい。
接続の保護 (SSL/TLS) 保護なし (SSL/TLS 無効) とする。

※メールソフトの既存のアカウントの種類が IMAP の場合、
 当該アカウントを POP3 に変更できるとは限りません。
 変更できない場合、新規に POP3 アカウントを登録、

 既存の IMAP アカウントを削除または停止して下さい。
 なお、IMAP で利用していた場合、全てのメールが
 PC 上 (ローカル) に保存されているとは限りません。
 必要なメールが失われないように注意する必要があります。
※Eimei AntiSpam Server とメールソフトが別の PC に存在する場合、
 Eimei AntiSpam Server の [アクセス制御] の [許可アドレス] に
 メールソフトが存在する PC のIPv4アドレスを登録して下さい。
※メールの受信漏れを防止する為、以下の流れで作業を行って下さい。
 1. Eimei AntiSpam の [アカウントの編集] で
    [動作確認] を実行、既存のメールを検査対象から除外する
 2. メールソフトの設定はそのままで、メールの受信を実行する
    (巡回先に現存する未受信のメールを全て受信する)
 3. メールソフトのアカウントの設定を LMB 経由に変更する

上記の変更は送信認証 (メールの送信) に影響する可能性があります。

送信認証の種類 影響と対策
SMTP認証 認証情報 (ユーザーID、メールパスワード) が
ローカルメールボックスと巡回先で異なる場合、
SMTP用の認証情報には巡回先と同じ認証情報を
設定する必要があります。
受信 (LMB) 用と共通の設定では認証に失敗します。
POP/IMAP before SMTP 送信前に Eimei AntiSpam の巡回処理が必要です。
自動巡回の直後、または手動巡回を実行してから、
メールの送信を実行して下さい。
メールソフトの受信操作 (自動、手動) や
POP/IMAP before SMTP 機能では認証されません。

※セキュリティ面でも利便性でも、SMTP認証の方が有利です。
 SMTP認証が利用可能であれば、SMTP認証の利用をお勧めします。

ローカルメールボックス (LMB) を経由してメールを受信した場合、
Eimei AntiSpam の独自フィールドがメールヘッダに付与されます。
(メールソフトによっては振り分け条件に利用可能)

  • X-EAS-Status:
    Status: が存在するとき、Status: を X-EAS-Status: に置換、
    同時に LMB 固有の Status: を追加
  • X-EAS-X-UIDL:
    X-UIDL: が存在するとき、X-UIDL: を X-EAS-X-UIDL: に置換、
    同時に LMB 固有の X-UIDL: を追加
  • X-EAS-Account:
    アカウントの Code、範囲は 000〜999
  • X-EAS-Country:
    発信国の情報 (ISO 3166-1 alpha-2)、
    発信国が不明なときは -
  • X-EAS-Judge:
    検査結果が許可なら Allow、禁止なら Block
  • X-EAS-Rule:
    該当条件が許可フィルタなら AFnnnn、
    汎用フィルタなら BFnnnn、個別フィルタなら CFnnnn-xxx、
    学習型フィルタなら Bayes、ウイルススキャナなら Virus、
    該当する条件が無いときは -
    (nnnn はルールの Code、xxx はアカウントの Code)
  • X-EAS-Memo:
    該当ルールの備考 (Shift_JIS) を base64url で
    エンコードした文字列
上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei