• メールデータインポート用のメールボックスを使用する
    本機能はメールデータ (*.eml) のインポートに未対応の
    メールソフトにメールデータを取り込むときに使用する
    ※同メールボックスのユーザーID、メールパスワードは
     どちらも [DropFiles] で固定です。
     POP3 Server のホスト名 (IPアドレス)、ポート番号、
     動作状況はメイン画面を参照して下さい。
    ※同メールボックスにメールデータ (*.eml) を保存する場合、
     メールデータをメイン画面にドラッグ&ドロップします。
    ※同メールボックスに保存されたメールデータ (*.eml) は
     最後の保存処理から約 10 分で自動的に削除されます。
     事前にメールソフト側のアカウントの設定を済ませておき、
     メールデータが削除される前に受信を済ませて下さい。

  • HTTP 履歴一覧のメッセージの表示件数/頁
    範囲は 10 〜 100、初期値は 20 (件)
  • HTTP 履歴一覧のアカウントの表示文字数
    範囲は 10 〜 80、初期値は 20 (字)
  • HTTP 履歴一覧の差出人の表示文字数
    範囲は 10 〜 80、初期値は 32 (字)
  • HTTP 履歴一覧の件名の表示文字数
    範囲は 10 〜 180、初期値は 64 (字)
  • 指定の時間帯に再起動する
    Eimei AntiSpam Server を指定の時間帯に再起動する
  • 休止状態等から復帰した時に再起動する
    Eimei AntiSpam Server を OS 復帰時に再起動する

  1. [Copy] ボタンで入力内容をクリップボードにコピーできます。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei