• 内蔵ビューアで表示
    対象メッセージを内蔵ビューアで表示する
  • テキストエディタで表示
    対象メッセージをテキストエディタで表示する
  • テキストパートをブラウザで表示
    対象メッセージのテキストパートをブラウザで表示する
    ※表示対象の優先順位は text/plain > text/html パート です。
    ※本ソフト側で Base64 / Quoted-printable のデコードは行いますが、
     文字コードの変換は行わない為、ブラウザが認識できる言語であれば、
     日本語以外のメールも正常に表示できると考えられます。
     (文字コードの自動認識に失敗したとき、手動で指定する必要はある)
    ※Eimei AntiSpam Server の HTTP Server が稼動中である場合、
     対象データを HTTP Server 経由で表示します。
     HTTP Server が稼動中でない場合、ブラウザで直接開きます。
     前者の場合、HTTP レスポンスに文字コードの情報が反映される為、
     文字コードの誤認による文字化けの発生率は低いと考えられます。

  • メールデータをメールクライアントで表示
    対象メッセージのメールデータを拡張子 .eml に
    関連付けられたプログラムで表示する
  • 検査結果の誤りに対する応急処置
    対象メッセージに検査結果の誤りに対する応急処置を適用する
  • 禁止履歴に移動 or 許可履歴に移動
    (巡回先のメールの保存期間の訂正)
    対象メッセージを禁止履歴または許可履歴に移動する
    ※メッセージを移動すると巡回先に現存しているメールは
     移動後の分類に応じて保存期間が判断されます。

  • 全文受信の予約
    対象メッセージの全文受信を予約する
    (次回巡回時に受信、全文を履歴に記録)
  • ローカルメールボックスに保存
    対象メッセージをローカルメールボックスに保存する
  • ローカルメールボックスから削除
    対象メッセージをローカルメールボックスから削除する
  • メールデータの保存
    • メールフォルダの参照
      {user}\MAIL\ を参照する
    • メールフォルダに保存 (*.eml)
      対象メッセージを eml 形式で {user}\MAIL\ に保存する
    • メールフォルダに保存 (*.txt)
      対象メッセージをテキスト形式で {user}\MAIL\ に保存する
    • デスクトップに保存 (*.eml)
      対象メッセージを eml 形式でデスクトップに保存する
    • デスクトップに保存 (*.txt)
      対象メッセージをテキスト形式でデスクトップに保存する
    • クリップボードにコピー (*.txt)
      対象メッセージをテキスト形式でクリップボードにコピーする
    • クリップボードにコピー (投稿用)
      対象メッセージを投稿用としてクリップボードにコピーする
      (一部の情報を * で伏せてコピー)

  • 関連フォルダの参照
    • インストール先フォルダの参照
      インストール先フォルダ {inst} を参照する
    • ユーザーフォルダの参照
      ユーザーフォルダ {user} を参照する
    • 共有フォルダの参照
      共有フォルダ {comm} を参照する

  • 最新の巡回情報
    最新の巡回情報 (アカウント毎の巡回日時、成否) を表示する
  • Eimei AntiSpam ログ
    Eimei AntiSpam ログ (EASC*.LOG) を表示する
  • ウィンドウを閉じる
    このウィンドウ (メイン画面) を閉じる
  • 通常仕様のメイン画面に切り替える (着信仕様のみ)
    着信仕様のメイン画面を通常仕様のメイン画面に切り替える
  • Eimei AntiSpam の終了 (通常仕様のみ)
    Eimei AntiSpam を終了または再起動する

  1. [Eimei AntiSpam の終了] 選択時に [Shift] キーが
    押されていると、確認なしで直ちに終了が実行されます。
  2. [Eimei AntiSpam の終了] 選択時に [Ctrl] キーが
    押されていると、確認なしで直ちに再起動が実行されます。
上に戻る

Copyright (C) 2017-2019 by eimei