• アカウントの名前
    アカウントを区別する為の表示名 (必須項目) 
  • 受信 (POP3/IMAP) サーバー
    受信サーバーのホスト名またはIPv4アドレス
  • ポート番号
    受信サーバーのポート番号
    範囲は 0 〜 65535、初期値は 110 (POP3) または 143 (IMAP)
  • タイムアウト
    範囲は 10 〜 999、初期値は 60 (秒)
  • ユーザーID
    受信サーバーのユーザーID
  • メールパスワード
    受信サーバーのメールパスワード
  • 認証方式
    POP3 の場合、USER/PASS または APOP を選択する
    IMAP の場合、問題の発生する認証方式のチェックを外す
  • 接続の保護 (SSL/TLS)
    stunnel 導入時のみ、SSL/TLS 接続に対応
  • このアカウントを自動巡回の対象に含める
    本項目のチェックを外すと自動巡回の対象外となる
  • 最短間隔
    このアカウントの自動巡回の実行間隔を制限する
    範囲は 0 〜 9999、初期値は 0 (分)
  • このアカウントを新着転送の対象に含める
    本項目のチェックを外すと新着転送の対象外となる
  • このアカウントを禁止メールのレポートの対象に含める
    本項目のチェックを外すと禁止メールのレポートの対象外となる
  • このアカウントの運用を停止する
    本項目にチェックを付けると自動および手動巡回の対象外となる
    同時にローカルメールボックス (LMB) も接続禁止となる

  1. Eimei AntiSpam は IPv6 接続に対応していません。
  2. [動作確認] ボタンで接続および認証テストを実行できます。
    動作確認の実行結果が正常な場合、巡回先の既存のメールを
    検査対象から除外することができます。
    LMB が有効な場合、除外された巡回先のメールの保存期間は
    [巡回先の許可メールの保存期間] の設定に従います。
  3. [Copy] ボタンで入力内容をクリップボードにコピーできます。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei