フィールド名

メールデータの実体はテキストデータです。
最初の空行までがヘッダ、それ以降がメッセージ本体として扱われます。
ヘッダには差出人の名前やメールアドレス、宛先、件名、経路情報など、
さまざまな情報が [フィールド名: 値] という形式で記録されています。

ルールの対象としてフィールド名 [field:] を設定した場合、
キーワードはフィールドの値 (文字列) と比較されます。
代表的なフィールドには以下のようなものがあります。

  • Subject:
    件名
  • From:
    差出人
  • Sender:
    送信者 (差出人と送信者が異なるときに設定)
  • Reply-To:
    返信先 (From: とは異なるアドレスに返信を求めるときに設定)
  • Return-Path:
    エラーメールの返信先
  • To:
    受取人 (宛先)
  • Cc:
    カーボンコピー (同報先)
  • Date:
    メールの送信日時 (厳密には作成日時)
  • X-Mailer:
    メールソフトの情報 (非標準だが、広く用いられている)
  • User-Agent:
    メールソフトの情報 (一部のメールソフトやコンポーネントが設定)
  • Received:
    経路情報 (配送に関わったメールサーバーの情報)
  • Message-ID:
    メール識別用のID
  • Content-Type:
    文書等の形式や文字コードに関する情報
  • Content-Transfer-Encoding:
    文書等のエンコード方式 (7bit、8bit、Base64、Quoted-printable)

以下は Eimei AntiSpam が一時的に付与する独自フィールドです。

  • X-EAS-Status:
    Status: が存在するとき、Status: を X-EAS-Status: に置換
  • X-EAS-X-UIDL:
    X-UIDL: が存在するとき、X-UIDL: を X-EAS-X-UIDL: に置換
  • X-EAS-Subject:
    Subject: が存在するとき、デコード前の Subject: を記録
  • X-EAS-From:
    From: が存在するとき、デコード前の From: を記録
  • X-EAS-To:
    To: が存在するとき、デコード前の To: を記録
  • X-EAS-Cc:
    Cc: が存在するとき、デコード前の Cc: を記録
  • X-EAS-Account:
    アカウントの Code、範囲は 000〜999
  • X-EAS-Country:
    発信国の情報 (ISO 3166-1 alpha-2)、
    発信国が不明なときは -
  • X-EAS-Judge:
    検査結果が許可なら Allow、禁止なら Block
  • X-EAS-Rule:
    該当条件が許可フィルタなら AFnnnn、
    汎用フィルタなら BFnnnn、個別フィルタなら CFnnnn-xxx、
    学習型フィルタなら Bayes、ウイルススキャナなら Virus、
    該当する条件が無いときは -
    (nnnn はルールの Code、xxx はアカウントの Code)

  1. X-EAS-Judge:、X-EAS-Rule: は内部フィルタ、学習型フィルタ、
    ウイルススキャナによる検査が完了してから付与されます。
    その為、転送フィルタでのみルールの対象として利用可能です。
    その他の独自フィールドは内部フィルタでも利用可能です。
上に戻る

Copyright (C) 2017 by eimei